コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(し)込み オシコミ

1件 の用語解説(押(し)込みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おし‐こみ【押(し)込み】

無理に入れること。また、無理に入り込むこと。
人家に押し入って金品を強奪すること。また、その賊。強盗。押し入り。
押し入れのこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の押(し)込みの言及

【盗み】より

…他人が所有するものを奪い取ること。私有の観念の発生とともに古くからあった行為であろうが,さまざまな社会の中で,どのような行為が犯罪とされ,またどのように罰せられるかは,その社会や文化のあり方と深くかかわっているといえる。 なお盗みをめぐる現在の法律上の問題については,〈窃盗罪〉〈強盗罪〉〈横領罪〉の項を参照されたい。
【盗みをめぐる習俗】
 盗みという行為がどう扱われるかは,その社会の〈所有観念〉と深くかかわりをもつ。…

※「押(し)込み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone