コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

担ぎ屋 カツギヤ

デジタル大辞泉の解説

かつぎ‐や【担ぎ屋】

縁起をひどく気にする人。御幣(ごへい)かつぎ。
人をだますのを得意にしている人。
食料などを生産地から担いで来て売る人。特に第二次大戦後、闇物資を地方から都市へひそかに運んで売った人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かつぎや【担ぎ屋】

縁起などをひどく気にする人。御幣かつぎ。
人をだましておもしろがる人。
商品を生産者から仕入れ、持参して売り歩く人。
第二次大戦後の昭和20年代に、米などの統制物資を買い入れ、かついで売り歩いた人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

担ぎ屋の関連キーワード夜鳴饂飩(夜啼饂飩)生産者西条祭縁起御幣

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

担ぎ屋の関連情報