括り袴(読み)ククリバカマ

デジタル大辞泉の解説

くくり‐ばかま【括り×袴】

裾口にひもを通してくくり、すぼめた指貫狩袴など。
「其の身は玉だすきをあげて―利根(りこん)に、烏帽子(えぼし)をかしげに被(かづ)き」〈浮・永代蔵・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くくりばかま【括り袴】

裾口を緒でしぼるようにした袴。指貫さしぬき・狩袴かりばかまの近世の称。切り袴・長袴に対していう。 「 -利根に、烏帽子をかしげに被かずき/浮世草子・永代蔵 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android