コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩袴 カリバカマ

デジタル大辞泉の解説

かり‐ばかま【狩×袴】

地下(じげ)の官人が狩猟のときにつけた括(くく)り袴。貴族のものより幅が狭い。奴袴(ぬばかま)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かりばかま【狩袴】

狩衣かりぎぬの下に着る袴。堂上の用いる八幅やのの指貫さしぬきに対して、地下じげの用いる六幅むのの括袴くくりばかまをいう。地は布を用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩袴
かりばかま

公家(くげ)衣服の一種。狩衣(かりぎぬ)装束に着用する袴。括(くく)り袴形式で、裾(すそ)をすぼめるよう紐(ひも)を籠(こ)めて通してあり、それを引き締めて括る。同じ括り袴式の指貫(さしぬき)の袴が八幅(やの)仕立てで広く、丈が長いのに対し、狩袴は六幅(むの)仕立てでやや狭く、丈もやや短い。狩衣と同様に、もとはすべて布(麻)製であったが、絹のものも用いられるようになった。指貫は殿上人(てんじょうびと)以上の者が用いたが、狩袴は地下(じげ)といわれる六位以下の者がはいた。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の狩袴の言及

【袴】より

…華美な色目および模様の織物,綾,絹などを用いる。(4)狩袴 指貫の類であるが,六布の仕立てで,やや筒が細い。布製で狩衣に着装する。…

※「狩袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone