コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩袴 カリバカマ

大辞林 第三版の解説

かりばかま【狩袴】

狩衣かりぎぬの下に着る袴。堂上の用いる八幅やのの指貫さしぬきに対して、地下じげの用いる六幅むのの括袴くくりばかまをいう。地は布を用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩袴
かりばかま

公家(くげ)衣服の一種。狩衣(かりぎぬ)装束に着用する袴。括(くく)り袴形式で、裾(すそ)をすぼめるよう紐(ひも)を籠(こ)めて通してあり、それを引き締めて括る。同じ括り袴式の指貫(さしぬき)の袴が八幅(やの)仕立てで広く、丈が長いのに対し、狩袴は六幅(むの)仕立てでやや狭く、丈もやや短い。狩衣と同様に、もとはすべて布(麻)製であったが、絹のものも用いられるようになった。指貫は殿上人(てんじょうびと)以上の者が用いたが、狩袴は地下(じげ)といわれる六位以下の者がはいた。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の狩袴の言及

【袴】より

…華美な色目および模様の織物,綾,絹などを用いる。(4)狩袴 指貫の類であるが,六布の仕立てで,やや筒が細い。布製で狩衣に着装する。…

※「狩袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狩袴の関連キーワード指貫(衣服)随身庭騎絵巻召具装束くくり袴狩衣装束狩装束壺装束括り袴上括り地下葛袴小袴狩衣襖袴浄衣下袴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android