コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拳下(が)り コブシサガリ

デジタル大辞泉の解説

こぶし‐さがり【拳下(が)り】

槍など長い武器を持って構える際、その先端が手もとより上がるようにすること。⇔拳上がり
鉄砲や弓などを構えるとき、前に突き出した左手のこぶしを下げて構えること。⇔拳上がり

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

拳下(が)りの関連キーワードこぶし [roll]

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android