コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持(ち)越し モチコシ

デジタル大辞泉の解説

もち‐こし【持(ち)越し】

残して次へ送ること。「結論は持ち越しとなった」
消化されずに胃の中に残っているもの。また、二日酔い。
「さんざ朝寝をして、やれ―だの頭痛だのとぬかして」〈滑・浮世風呂・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

持(ち)越しの関連キーワード震災手形

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android