コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮世風呂 うきよぶろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮世風呂
うきよぶろ

滑稽本。詳しくは『諢話 (おどけばなし) 浮世風呂』。式亭三馬作。4編9巻。前編文化6 (1809) 年,二編同7年,三編同9年,四編同 10年刊。前編は男湯,二編と三編は女湯,四編は男湯の補遺という構成。三馬の出世作。初代三笑亭可楽の銭湯の落語や,山東京伝黄表紙『賢愚湊 (けんぐいりこみ) 銭湯新話』 (02) などが着想に影響している。江戸下町の銭湯という庶民の社交場を舞台に,朝湯,昼湯,午後と時間を定め,そこに来る客同士のやりとりをいきいきと描く。中風の男,職人,隠居,医者,番頭,子供,女郎上がりの女,おしゃべりな女房,江戸の女,上方の女など,それぞれの登場人物を,風俗,動作の描写は軽くし,克明な会話の写実に重点をおくことによって性格づけようとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うきよ‐ぶろ【浮世風呂】

近世、遊女を置いて、客に接待させた公衆浴場。
[補説]書名別項。→浮世風呂

うきよぶろ【浮世風呂】[書名]

江戸後期の滑稽本。4編9冊。式亭三馬著。文化6~10年(1809~1813)刊。銭湯に集まる江戸庶民の会話を通して、当時の生活の諸相を描いている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

浮世風呂【うきよぶろ】

江戸後期の滑稽(こっけい)本。4編9冊。式亭三馬作。1809年―1813年刊。角書(つのがき)〈諢話(おどけばなし)〉。前編と4編が男湯,2編・3編が女湯の世界で,銭湯の客の会話を通し江戸市民たちの生態を生き生きと描く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

浮世風呂

古典落語の演目のひとつ。音曲ばなし。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うきよぶろ【浮世風呂】

滑稽本。4編9冊。式亭三馬作。北川美丸(よしまる)・歌川国直画。前編1809年(文化6),二編10年,三編12年,四編13年刊。外題,内題は〈諢話(おどけばなし)浮世風呂〉。前編と四編が男湯,二編と三編が女湯の世界である。《浮世床》とともに三馬の滑稽本の代表作である。江戸庶民の社交場であった銭湯を舞台に,そこに登場する雑多な人物の生態を,会話を中心に克明に描いている。男湯と女湯に分け,各編の季節に変化をもたせている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うきよぶろ【浮世風呂】

江戸時代の銭湯。
書名(別項参照)。

うきよぶろ【浮世風呂】

滑稽本。四編。式亭三馬作。1809~13年刊。江戸町人の社交場であった銭湯を舞台に、客の会話を通じて世相・風俗を描いたもの。写実性に富み、滑稽味豊かな作品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮世風呂
うきよぶろ

式亭三馬(しきていさんば)作の滑稽本(こっけいぼん)。4編9冊。1809~13年(文化6~10)刊。『諢話(おどけばなし)浮世風呂』とも。江戸庶民の社交場であった銭湯を舞台に、そこに集まる雑多な人物の動作を、会話を主として克明に描いた作品である。前編・四編は男湯、二編・三編は女湯、また三編は正月、他は秋の季節とし、各編早朝から夕刻に至る間の情景を写す。凡例によれば、作者が三笑亭可楽(さんしょうていからく)の銭湯に関する落語を聞き、本屋の勧めで前編を執筆したというが、前編には山東京伝(さんとうきょうでん)の黄表紙(きびょうし)『賢愚湊銭湯新話(けんぐいりこみせんとうしんわ)』の影響が指摘できる。各編とも一貫した筋はなく、ときにわざとらしい趣向もあるが、人物の行動を克明に写して、おのずから笑いが確保されている。『浮世床』とともに三馬の代表作で、徹底した写実は国語資料としての価値も大きい。[神保五彌]
『中村通夫校注『日本古典文学大系63 浮世風呂』(1957・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浮世風呂の言及

【将棋】より

…江戸時代の後半になると町人,職人,農民にも将棋は広まり,都市部の湯屋(公衆浴場)の階上は将棋会所のようであった。将棋の流行を反映した戯作として式亭三馬の《浮世風呂》(1809)はその代表的なもので,庶民の将棋の楽しみをこっけいに描いている。また,川柳に将棋の機微を扱った作品が多数つくられた。…

※「浮世風呂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浮世風呂の関連キーワード見たくでもない何其れ彼其れしちもくれんだりむくれるあかすかべえしっぱり物張りくぢく生まれ落ち手引かず膏とっちり者脈が上がる意見に付く済み済ましやんちゃん大蒸かし江戸町人しみ真実虚仮虚仮暴れ食ひへげたれ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浮世風呂の関連情報