コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掃気 そうき

1件 の用語解説(掃気の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

掃気【そうき】

2サイクル機関において,シリンダーから燃焼ガスを追い出し,新しい空気を充てんすること。膨張行程の終り近くで,排気ポートを開けるのに引き続いて給気ポートを開けることによって行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の掃気の言及

【ガソリンエンジン】より

…シリンダー壁には排気ポートと吸気ポートがあり,膨張行程の終りでまず排気ポートが開き燃焼ガスの一部が排出され,さらにピストンが下がって吸気ポートも開くと新気が進入し残りの燃焼ガスを追い出す。この過程を掃気と呼び,これができるだけ完全にまた効率よく行われることが重要である。掃気するため新気を圧縮する必要があるが,小型のエンジンでは図のようにクランク室を利用して圧縮する方式がもっぱら用いられる。…

【内燃機関】より

… 弁の開閉は作動ガスおよび動弁機構の慣性があるためちょうど上・下死点では開閉せず,4サイクル機関では排気弁を下死点前に開け,上死点後に閉じ,また吸気弁を上死点前に開け,下死点後に閉じる。2サイクル機関では,膨張行程の終り近くで排気ポートに引き続き給気ポートを開けてシリンダーから燃焼ガスを追い出し,新気で充てんすること(これを掃気という)によりガス交換を行うが,新気をあらかじめ圧縮しておくために掃気ポンプが必要となる。 実際の機関では,作動ガスが1サイクル当りピストンになす仕事(図示仕事)は図で曲線に囲まれた面積Wで与えられるが,この大きさは燃焼室壁からの熱損失,燃焼室に出入りする際のガスの流動損失などにより,図1-a図1-b図1-cの熱力学的サイクルで得られるはずの理論仕事より少なく,さらにクランク軸から得られる正味仕事はしゅう動部の摩擦損失分だけ少ない。…

※「掃気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

掃気の関連キーワードガソリン機関アトキンソンサイクルシリンダー錠水冷式機関二サイクル機関排気量四サイクル機関シリコンサイクルシリンダーシルエットシリンダー油

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone