掛下帯(読み)かけしたおび

精選版 日本国語大辞典の解説

かけ‐したおび【掛下帯】

〘名〙 打掛(うちかけ)の下に用いる帯。多く打掛と共布で作る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の掛下帯の言及

【帯】より

…1813刊)に載っている帯の結び方には,さげ下結び,小竜結び,よしお結び,路考(ろこう)結び,引上げ結び,引結び,しんこ結び,はさみ結び,高雄結び,引締め,文庫結び,吉弥結び,小万結び,立結び,島原結び,一つ結び,だらり結び,文庫くずし,千鳥結び,おいそ結び,おたか結びの21種があるが,実際にはもっといろいろな結び方があったようである。 武家では打掛(うちかけ)下に締める帯をとくに掛下帯といい,5寸前後の中幅で,多くは繻子地に美しい草花の文様がししゅうされていたが,中にはビロード地にししゅうしたものもあった。白地の掛下帯は主として婚礼に使われていたようである。…

※「掛下帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android