コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)掛(け)/裲襠 ウチカケ

4件 の用語解説(打(ち)掛(け)/裲襠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うち‐かけ【打(ち)掛(け)/裲襠】

《他の衣類の上から打ち掛けて着るところから》
着流し重ね小袖の上に羽織って着る小袖。近世の武家女性の礼服。公家の場合は掻取(かいどり)と呼んで用い、町家でも、時に拝領と称して式服に用いた。現代では婚礼衣装に用いる。

㋐朝廷の儀式のとき、武官が束帯の上に着用したもの。長方形の錦(にしき)の中央にある穴に頭を入れ、胸部と背部に当てて着る貫頭衣裲襠(りょうとう)
㋑舞楽の装束の一。形は2㋐に似る。蘭陵王(らんりょうおう)納曽利(なそり)などの走り舞などに用いる。
(打ち掛け)囲碁で、勝負がつかないまま、双方の合意で対局をいったん中断すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

打掛【うちかけ】

室町時代以降の武家女性の礼服。夏季を除いて用いた小袖(こそで)で,色は白・黒・赤を正式とし,紗綾(さや)か綸子(りんず)の地に金糸などで総模様を差し縫いしてある。
→関連項目有職文様礼服

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うちかけ【打掛】

(1)朝廷の儀式に武官が装束の上に着けた裲襠(りようとう)や,舞楽用の袖無しの装飾衣をいう。舞楽装束裲襠(2)室町時代以降の武家女性の礼服で掛(かけ)ともいう。小袖に帯を締めた上に打ち掛けて着た同形の表着(うわぎ)で,歩くときに褄(つま)をとるため搔取(かいどり)ともいった。夏は上半身を脱いで用いた形から腰巻と呼んだ。その前身は広袖の女房装束の表着の(うちき),これに次ぐ礼装の小袿(こうちき)とする説と,小袖を着用するようになって生まれた礼装とする説とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

打掛
うちかけ

介取(かいどり)ともいう。近世の武家女性などが秋から春にかけて着用した礼服。帯付きの上から羽織る小袖(こそで)仕立てのもので、打掛小袖の略。正式には紗綸(さりん)、綸子(りんず)類に御所模様、鶴亀(つるかめ)松竹梅などの寿(ことぶき)模様を刺しゅうしたり絞りにしたりして構成されたもので、地白、地赤、地黒の3種が正しく、それ以外の色は間着(あいぎ)とするのが本式であったが、現在ではこの区別は乱れている。打掛の発生は室町時代である。それ以前の公家(くげ)、武家の式服には袴(はかま)が用いられていたが、袴は日常生活には不便なところから湯巻を用いるようになった。そして、その後、帯と小袖姿が表面に現れるようになり、祝儀の際は、表着より丈の長いものを後ろから打ち掛け、これを「打掛」といった。打掛は丈が長く、引きずって歩かねばならないために、屋外を歩くときは自分で褄(つま)をたぐる必要があり、この褄をかいどることから「かいどり」ともいうようになった。江戸時代以降、武家をはじめ裕福な町人の間で、これを晴れ着として用いる際の一定の決まりができた。女性の晴れ着の裂地(きれじ)は紗綾(さや)か綸子であった。後世になると縮緬(ちりめん)を用いるようになるが、これは変則である。また廓(くるわ)でも花魁(おいらん)の道中に打掛を着たが、これは「仕掛(しかけ)」が正しい言い方である。また民間で婚礼衣装用の打掛は、地紋のある白無垢(しろむく)を正式とする。[遠藤 武]
『『奥女中袖鏡』(和洋女子大学蔵本) ▽大野安興著『大奥女中衣服定』写本(幕末・和洋女子大学蔵本)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の打(ち)掛(け)/裲襠の言及

【小袖】より

…(5)箔の小袖 金銀の箔をおいた豪華なもので,室町時代から安土桃山時代はじめにかけて用いられた。(6)打掛(うちかけ)の小袖 たんに〈うちかけ〉,または褄(つま)をかいどるため〈かいどり〉ともいう。小袖を着て帯をしめた上にさらに打ちかけたもので,表小袖の意味をもっている。…

【服装】より

…継褶は略式のもので,武士日常の服装としては羽織袴が行われた。 武家女子の服装としては,将軍および大諸侯の夫人などに十二単,袿袴(けいこ)などの公家の礼装が用いられたこともあったが,一般には袴は省略されて,冬季には打掛を用い,夏季には腰巻を着装して礼装としていた。打掛は搔取(かいどり)ともいい,間着(あいぎ),掛下帯(かけしたおび)をした上に,これを打ち掛けて裾をひき,歩行に際してはかい取って歩いた。…

※「打(ち)掛(け)/裲襠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

打(ち)掛(け)/裲襠の関連キーワード緋の衣打ち掛け・打掛け・打掛・裲襠打ち掛ける・打ち懸ける柿の衣掛け木法の衣羽織る中の衣聖行灯藁の上から

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone