コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接(ぎ)穂/継(ぎ)穂 ツギホ

デジタル大辞泉の解説

つぎ‐ほ【接(ぎ)穂/継(ぎ)穂】

接ぎ木のとき、台木に接ぐ枝など。義枝。 春》
いったんとぎれたを続けようとするときのきっかけ。つぎは。「話の―を失う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の接(ぎ)穂/継(ぎ)穂の言及

【台木】より

…接木のさいに,接木植物の地下部となる部分をいう。台木に接着させる部分は接穂または穂木といい,台木と接穂は相互に影響を及ぼし合う。栽培的に重要なのは,台木の種類によって地上部の大きさ,結実までの期間,種々の不良環境に対する適応性が異なることである。…

【接木】より

…植物体の一部分(枝,芽,根)を他の個体に接着させ,両者を癒合させる技術。接木植物の台となる部分を台木といい,台木に接着させる部分を接穂または穂木という。接木によって,母植物と同一の形質をもつ個体を比較的容易に多数増殖できる。…

※「接(ぎ)穂/継(ぎ)穂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

接(ぎ)穂/継(ぎ)穂の関連キーワードレイシ(果樹)メントール法ヤロビ農法栄養雑種矮性台木果樹園芸母樹林キメラ採苗種物台木義枝母樹接木

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android