コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台木 だいぎstock

翻訳|stock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

台木
だいぎ
stock

接木繁殖で接穂を接合する部分のこと。接木 (つぎき) は接穂と台木が接合されて共生することであり,台木は接穂の発育,化学的組成,発芽,開花期,結実性などに影響を与え,また接穂から根の発育や形態について影響を受ける。接穂と同種の植物を使う共台 (ともだい) ,特殊な病虫害に強い植物を使う免疫性台木,矮小化して結実を早める矮性台木の3種がある。用いられる樹種は,リンゴ──ミツバカイドウ,マルバカイドウ。柑橘──カラタチ,ユズ。ナシ,モモ,クリ,カキ,ウメ,スモモ,アンズ──共台,などである。育成は多くは実生繁殖によるが,取木,挿木による場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいぎ【台木 stock】

接木のさいに,接木植物の地下部となる部分をいう。台木に接着させる部分は接穂または穂木といい,台木と接穂は相互に影響を及ぼし合う。栽培的に重要なのは,台木の種類によって地上部の大きさ,結実までの期間,種々の不良環境に対する適応性が異なることである。また,根に寄生する病虫害に対して抵抗性をもつ台木(免疫性台木)に接木すれば,それらの被害を回避することができる。リンゴ栽培では,近年樹高を低くして果実を収穫しやすくするために,枝の伸長を抑え,地上部を小型化する台木(矮性(わいせい)台)を利用することが多くなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の台木の言及

【接木】より

…植物体の一部分(枝,芽,根)を他の個体に接着させ,両者を癒合させる技術。接木植物の台となる部分を台木といい,台木に接着させる部分を接穂または穂木という。接木によって,母植物と同一の形質をもつ個体を比較的容易に多数増殖できる。…

※「台木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

台木の関連キーワード接ぎ台・継ぎ台・接台・継台火鑽り・火切り・燧・火鑚り合わせ接ぎ・合せ接ぎアリゲーターアップルロッキングチェア割り接ぎ・割接ぎ揚げ接ぎ・揚接ぎ寄せ接ぎ・寄接ぎ木象眼・木象嵌接ぎ木・接木削ぎ芽接ぎシトレンジ日光下駄合せ接ぎ台木牡丹栄養雑種芽接ぎ呼接ぎ接ぎ穂信濃柿

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android