コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掴み差し(読み)ツカミザシ

デジタル大辞泉の解説

つかみ‐ざし【×掴み差し】

刀・矢・花などを、無造作にさすこと。
「―の大小、浮世笠にて貌(かほ)をかくし」〈浮・懐硯・五〉
江戸時代、簪(かんざし)を2本そろえてさすこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる