コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大小 ダイショウ

2件 の用語解説(大小の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だい‐しょう〔‐セウ〕【大小】

大きいことと小さいこと。大きいものと小さいもの。「事の大小にかかわらず報告する」
大刀(だいとう)小刀。「大小にを腰に帯びる」
大鼓(おおつづみ)小鼓
大の月小の月

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいしょう【大小】

大きいことと小さいこと。大きいものと小さいもの。 「 -とりまぜる」 「 -を問わない」
大刀と小刀(脇差わきざし)。 「 -をたばさむ」
大鼓おおつづみと小鼓。
大の月と小の月。 「ツキノ-/ロドリゲス」
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大小の言及

【刀】より

…さらに,この短刀から,寸法が長く鐔をつけた,太刀の代りに腰にさした打刀(うちがたな)が生じた。そしてこの打刀と同形で寸法の短いもの,すなわち脇指を添えたものが大小(だいしよう)であり,江戸時代の武士の指料として武家社会に定着したのである。この大小のうちの大が前述の2尺以上の刀身をもつもので,江戸時代に作られた長いものは原則的にすべて刀ということができる。…

【刀装】より

…打刀はその着用法から帯執,足金物がなく,鞘の表に栗形(くりがた)と返角(かえしづの)がつくのを特徴としている(図1)。桃山時代になると太刀はほとんどすたれ,この打刀形式が全盛となり,これがやがて長い打刀に短い打刀を添えるようになり,江戸時代に至って武家の制式となり,〈大小〉と称された。特に裃(かみしも)着用のときは,鞘は黒蠟塗で,柄糸や下緒(さげお)も黒糸を用い,鐔は赤銅磨地を,小柄(こづか),笄(こうがい),目貫(めぬき)の三所物(みところもの)(図2)は後藤家作のものを用いるのが正式となったのである。…

※「大小」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大小の関連情報