コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

換水 かんすい

デジタル大辞泉の解説

かんすい〔クワンスイ〕【換水】

水槽などに入った水を交換すること。
水中でえら呼吸を行う動物が、えらに触れる新鮮な水を取り込み、入れ換えること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の換水の言及

【呼吸】より

…これに対して陸生動物の肺は空気呼吸に適した器官であって,脊椎動物では食道の一部のふくらみとして形成され,空気をその中に吸い入れることによってガス交換面の乾燥を防ぐことができる。えら呼吸でも肺呼吸でも,たいていの動物では呼吸器表面をたえず新鮮な水や空気にふれさせておくために,呼吸運動によって換水や換気が行われている。魚類では,呼吸運動によって起こるえらの表面の水流の方向と,えらの毛細血管内の血流の方向とが逆になっていて,ガス交換がきわめて効率よく行われることが知られている。…

※「換水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

換水の関連キーワード合計特殊出生率人口置換水準阿波閑々子電気絶縁紙ウナギ少子化カエル水中峻山生簀

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android