水中(読み)すいちゅう

精選版 日本国語大辞典「水中」の解説

すい‐ちゅう【水中】

なか
※三教指帰(797頃)上「天上牽牛、猶歎独住、水中鴛鳥、必歓比宿
※日蓮遺文‐観心本尊鈔(1273)「人界所具の仏界は水中の火、火中の水」 〔史記‐倉公伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android