摺動(読み)シュウドウ

  • ×摺動
  • しょうどう〔セフ〕

大辞林 第三版の解説

しゅうどうは慣用読み。正しくはしょうどう
機械の装置などをすべらせながら動かすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android