コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撓い シナイ

デジタル大辞泉の解説

しない〔しなひ〕【×撓い】

しなうこと。しなやかに曲線をなしていること。「釣り竿の撓いの具合」
縦の一辺だけにしなわせたさおを入れた幟(のぼり)の指物(さしもの)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しない【撓い】

しなうこと。
藤や柳の枝など、たわんでいるもの。 「藤の花は、-ながく、色こく咲きたる/枕草子 37
旗指物の一。縦長の三角形の布の長辺の一つを袋縫いにし、これに反りのある竿を通したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

撓いの関連キーワード練る・錬る・煉る・邌る練り革・練革・煉り革痛め付ける革小札釣り竿責め革枕草子袋縫い旗指物藤の花三角形長辺