コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撚翅 ネジレバネ

デジタル大辞泉の解説

ねじれ‐ばね〔ねぢれ‐〕【××翅】

ネジレバネ目の昆虫の総称。体は微小。雄は前翅(まえばね)が退化し棍棒(こんぼう)状でねじれており、後ろ翅は膜質で扇状。雌は蛆(うじ)状。他の昆虫に寄生する。幼虫は寄主の体内に入ると脱皮して無脚となり、寄主を中性化させる。完全変態。撚翅(ねんし・でんし)類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねじればね【撚翅】

ネジレバネ目に属する昆虫の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone