コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撫で仏 ナデボトケ

デジタル大辞泉の解説

なで‐ぼとけ【×撫で仏】

賓頭盧(びんずる)の像。病人が患部に相当する像の部分をなで、その手で患部をさすると病気が治るとされる。さすりぼとけ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なでぼとけ【撫で仏】

賓頭盧びんずるの像。その像の、自分の患部に当たる所をなでた手で自分の患部をなでれば病気が治るという俗信がある。さすりぼとけ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone