病人(読み)ビョウニン

精選版 日本国語大辞典の解説

びょう‐にん ビャウ‥【病人】

〘名〙 病気にかかっている人。病難人。病者患者
※三代格‐一二・寛平八年(896)閏正月一七日「事須看督近衛等巡撿京中之日有路辺病人孤子者、随便令上レ送院并東西悲田」 〔荀子‐法行〕

やまい‐と やまひ‥【病人】

〘名〙 (「やまいど」とも) 病人。
※玉塵抄(1563)三「老よりきわまってやまいとの如なとわれと云たぞ」

やまい‐びと やまひ‥【病人】

〘名〙 病気にかかっている人。びょうにん。やまいと。やまいもの。
落窪(10C後)二「よきわざしていそぎしたるは、世の笑はれぐさなれば、やまひ人になりぬべく歎く」

やまうど【病人】

やもうど やまうど【病人】

〘名〙 (「やまいびと(病人)」の変化した語) 病気の人。病気にかかっている人。びょうにん。
御伽草子・高野物語(室町末)「ますかみくりてうめきしは、ただやまうどにことならず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

病人の関連情報