コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撫で物 ナデモノ

デジタル大辞泉の解説

なで‐もの【×撫で物】

禊(みそぎ)や祈祷(きとう)の折などに、身代わりに用いる人形(ひとがた)や衣服。それでからだをなでて、災いなどを移したあと水に流す。形代(かたしろ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なでもの【撫で物】

みそぎや祈禱きとうなどのとき、からだをなでて穢けがれや災いを移し、身代わりとして川に流したりする人形ひとがたや衣。形代かたしろ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

撫で物の関連キーワード撫で物使い撫物使

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android