災い(読み)ワザワイ

デジタル大辞泉「災い」の解説

わざ‐わい〔‐はひ〕【災い/禍/×殃】

人に不幸をもたらす物事。また、その結果である不幸な出来事。災厄災難。「口は—の元」「—が降りかかる」
不快であること。多く、感動表現に用いる。
「あな—や、かばかりの事をだにしそこなひ給ふよ」〈大鏡・伊尹〉
[類語]災害災難被害禍害惨害惨禍災禍被災天変地異天災人災地変風害風水害冷害霜害雪害干害渇水旱魃水涸れ病虫害虫害煙害公害薬害災厄凶事禍根舌禍筆禍試練危難国難水難水禍海難受難遭難罹災貧乏くじ馬鹿を見る弱り目にたたり目泣き面に蜂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android