コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬宝珠高欄 ギボシコウラン

2件 の用語解説(擬宝珠高欄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎぼし‐こうらん〔‐カウラン〕【擬珠高欄】

柱に擬宝珠をつけてある欄干。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の擬宝珠高欄の言及

【高欄】より

…下から地覆(じふく),平桁(ひらげた),架木(ほこぎ)の横材が斗束(ますづか)に支えられ,斗束の間に平桁を支える栭束(たたらづか)がある。隅や端の納まりによって,親柱をたて上に擬宝珠(ぎぼし)をおく〈擬宝珠高欄〉,親柱を使わず架木先端を長く,平桁と地覆先端をわずかに出す〈組高欄〉,架木先端をそらせる〈刎(はね)高欄〉などがある。階段には登り高欄を用い,昇り口には袖高欄をつける。…

※「擬宝珠高欄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone