コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欄干 らんかんbaluster

翻訳|baluster

6件 の用語解説(欄干の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

欄干
らんかん
baluster

建築用語。勾欄とも。縁まわり,階段,バルコニーや橋などで,墜落防止用につけられた手すりで,通常,手すりの横材を支える垂直材が装飾的に処理される場合が多い。また西洋建築では階段やバルコニー,ベランダに連続的な装飾のあるものをバラストレードという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らん‐かん【欄干/×闌干/欄×杆】

橋・階段などの縁に、人が落ちるのを防ぎ、また装飾ともするために柵状に作り付けたもの。てすり。

らん‐かん【欄干/×闌干】

[ト・タル][文][形動タリ]
星や月の光があざやかなさま。
「武蔵野の冬の夜更て星斗―たる時」〈独歩武蔵野
涙が盛んに流れるさま。
「涙―として魂飛揚すと見えて」〈古活字本保元・中〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

欄干【らんかん】

橋,または建物の縁側などにとりつけて人の墜落を防ぎ,あるいは装飾とするもの。手摺(てすり)とも。→高(こう)欄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らんかん【欄干】

橋または建物の外縁などに縦横に材をわたして,人の墜落を防ぐ手すりで,装飾を兼ねるものもある。高欄(こうらん)に同じ。闌干とも書く。中国建築では欄杆と称し,基壇の周縁部,回廊の周囲,出窓の外側などにも常用される。橋や基壇の欄杆は石造が通例で,親柱や束(つか),腰羽目板には文様彫刻が施される場合が多く,また回廊や出窓の木造の欄杆にも,簡素な手すりから,文様格子もはめこんだもの,背もたれ式,腰掛け式などさまざまな形式がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欄干
らんかん

橋または建物の縁側、廊下、階段などの側辺に縦横に材を渡して人の墜落を防ぐもの。装飾を兼ねるものもある。高欄(こうらん)と同じで、「手すり」「おばしま」ともいう。近代では住居の出窓やベランダの外側などにも常用されるが、素材には石、金属、木材、合成樹脂など種々あり、形式も実用一辺倒のものから、装飾性の強いものまで多様である。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

欄干の関連情報