コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放線冠

1件 の用語解説(放線冠の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

放線冠

 成熟した卵胞で,卵母細胞を包む透明帯の外側の一層の細胞.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の放線冠の言及

【性器】より

…また卵母細胞は周囲から栄養を吸収して,直径100μmを超える大きさに成長する。透明帯の外側の1層の卵胞上皮細胞は丈が高く,きれいな放射状の配列を示すので,放線冠とよばれる。 二次卵胞の初期に,周囲の結合組織の細胞(繊維芽細胞)と膠原(こうげん)繊維が集まってきて卵胞膜を作る。…

※「放線冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone