外側(読み)ソトガワ

デジタル大辞泉「外側」の解説

そと‐がわ〔‐がは〕【外側】

ある物や仕切りの、外のほう。外部。面。「窓の外側をふく」⇔内側
ある範囲の中で、中心から遠いほう。「外側のコースを走る」⇔内側
その事柄に関係のない側。外部。「紛争の外側にいる」⇔内側

がい‐そく〔グワイ‐〕【外側】

そとがわ。⇔内側(ないそく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「外側」の解説

がい‐そく グヮイ‥【外側】

〘名〙 物の外面。そとがわ。⇔内側
※銃後(1913)〈桜井忠温〉三〇「多量の爆薬を用ひてその奥壁の外側(グヮイソク)に装置し、之れを爆破して破墻口を開いたので」

そと‐がわ ‥がは【外側】

〘名〙 あるもののそと、またはある区切りのそとの方。物の内側に対して外と意識される側。外面。外壁。転じて、当事者以外の立場をいう。⇔内側(うちがわ)。〔和英語林集成(初版)(1867)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android