政治改革4法(読み)せいじかいかくよんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治改革4法
せいじかいかくよんほう

小選挙区比例代表並立制導入を柱とする公職選挙法改正案,政治資金規正法改正案,政党助成法案,衆院選挙区画定審議会設置法案の4法案をいう。細川内閣は 1993年9月,臨時国会に同法案を提出,衆院は連立与党修正のうえ可決したが,参院では否決された。細川首相は 94年1月,河野自民党総裁とトップ会談を行い,(1) 定数配分は小選挙区 300,比例代表 200,(2) 比例選出単位は全国 11ブロック,(3) 政治家個人への企業献金は5年に限り年間 50万円まで容認,(4) 公費助成は前年収支実績の 40%を上限枠とする,などで合意し,衆参本会議で成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政治改革4法の関連情報