コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教会スラブ語 きょうかいスラブごChurch Slavonic language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教会スラブ語
きょうかいスラブご
Church Slavonic language

古期教会スラブ語が 12世紀以降次第に各地方言の色彩を帯びて形成された中期スラブ語。中世を通じて宗教学術用語であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の教会スラブ語の言及

【古代教会スラブ語】より

…さらにこの言語はその第1期(〈キュリロス・メトディオス語〉ともいわれる)にマケドニア(当時のブルガリアの一部)の方言を基礎としているので,ブルガリアでは〈古代ブルガリア語〉と呼ばれている。古代教会スラブ語はスラブ語中でもっとも古風であり,個々のスラブ語で失われた古い特徴をよく保っている。そのため印欧(インド・ヨーロッパ)語比較文法ではスラブ祖語のかわりに用いられるが,いくつかの特徴によりスラブ語派の南のグループに属することが明白である。…

【ロシア文学】より

…民衆文化はロシアの近代化・西欧化の大波の底で生き続け,L.トルストイやモダニズム時代の作家たち,今日の農村派文学の作家たちに霊感を与え続けている。
[東方正教]
 ロシアはローマからではなく,東方のビザンティン帝国からキリスト教を取り入れ,それと同時にギリシア語の強い影響を受けた教会スラブ語(古代教会スラブ語)を文語として受け入れた。このことはラテン語とカトリックで統一された,いわゆる〈ラテン的中世〉と異質の文化を生むもととなった。…

※「教会スラブ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教会スラブ語の関連キーワードプーシキン(Aleksandr Sergeevich Pushkin)スラブ・ギリシア・ラテン学院キュリロスとメトディオスコンスタンティノスボリス1世ミハイルユーゴスラビア文学古代教会スラブ語古代ブルガリア語グラゴル・ミサグラゴール文字ウクライナ文学ロモノーソフグラゴルミサスロベニア語ブルガリア語グラゴル文字スロバキアチェコ文学キリル文字ロシア文学

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教会スラブ語の関連情報