コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数取り カズトリ

デジタル大辞泉の解説

かず‐とり【数取り】

[名](スル)
数をかぞえること。
「土用うしの日は百(そく)近い―するそうだ」〈真山・南小泉村〉
数をかぞえるとき、その心覚えにするためのもの。串(くし)や木の枝など。
「有蘇(ありそ)の海の片し貝拾ひ持て会はぬ恨みの―取らばや」〈宴曲集・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

数取り

古典落語の演目のひとつ。バレばなし。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

かずとり【数取り】

( 名 ) スル
物の数を数えること。 「百そく近い-するそうだ/南小泉村 青果
数を数えるとき、数え違いを防ぐために心覚えにするもの。 「ことしよりつむりにけしを置そめて千代万代の-にせむ/徳和歌後万載集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の数取りの言及

【カウンター】より

…時間に無関係に回った回数の測定や数値を計数する装置で,回数計,度数計,数取り,積算回転計,積算計などとも呼ばれている。歯車を利用した機械式と電磁石を利用した電気式に大別され,さらに電気的なパルス信号を計数するものに,パルスカウンター,一定の時間内だけのパルスを計数する(この場合は,回転数や周波数となる)ユニバーサルカウンターなどがある。…

※「数取り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

数取りの関連キーワード数差し・員刺し・籌刺し・数差・員刺・籌刺ギークハウス プロジェクトヨハネス ボブロフスキマツダキャロル360ケイティ・ホームズbook cafeルパート ブルックモンスター新人デンマーク語あっぷる学園一籌を輸するカウンター此弥あろ建設機械羽根突き松きのこ点火装置古屋博敏魚うどん古典落語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数取りの関連情報