コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数取り カズトリ

3件 の用語解説(数取りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かず‐とり【数取り】

[名](スル)
数をかぞえること。
「土用うしの日は百(そく)近い―するそうだ」〈真山・南小泉村〉
数をかぞえるとき、その心覚えにするためのもの。串(くし)や木の枝など。
「有蘇(ありそ)の海の片し貝拾ひ持て会はぬ恨みの―取らばや」〈宴曲集・三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かずとり【数取り】

( 名 ) スル
物の数を数えること。 「百そく近い-するそうだ/南小泉村 青果
数を数えるとき、数え違いを防ぐために心覚えにするもの。 「ことしよりつむりにけしを置そめて千代万代の-にせむ/徳和歌後万載集」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の数取りの言及

【カウンター】より

…時間に無関係に回った回数の測定や数値を計数する装置で,回数計,度数計,数取り,積算回転計,積算計などとも呼ばれている。歯車を利用した機械式と電磁石を利用した電気式に大別され,さらに電気的なパルス信号を計数するものに,パルスカウンター,一定の時間内だけのパルスを計数する(この場合は,回転数や周波数となる)ユニバーサルカウンターなどがある。…

※「数取り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

数取りの関連情報