コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文人生け ブンジンイケ

2件 の用語解説(文人生けの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんじん‐いけ【文人生け】

江戸後期、文人たちによって行われた、形式にとらわれない自由な生け方の生け花。瓶花(へいか)のほか盆花なども行われた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぶんじんいけ【文人生け】

生け花の様式の一。技巧をこらさない生け方で、江戸後期、南画の影響を受けて始まり、文人に好まれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文人生けの関連キーワード花守岱年石高相互保険女楽占夢術道話内検地勅会二立目実体審査