コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新居の関/荒井の関 アライノセキ

デジタル大辞泉の解説

あらい‐の‐せき〔あらゐ‐〕【新居の関/荒井の関】

江戸時代、新居に設けられた関所箱根の関とともに東海道の重要な関所。建物として唯一現存する。今切(いまぎれ)の関。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらいのせき【新居の関】

1601年、新居に設けられた関所。江戸時代を通じて幕府および豊橋城主の厳重な管理で知られた。今切いまぎれの関。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新居の関/荒井の関の関連キーワード安東文吉江戸時代浜名湖姫街道幕府

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android