新平価(読み)しんへいか

精選版 日本国語大辞典「新平価」の解説

しん‐へいか【新平価】

本位貨幣の含有純金分量を変更したときの新しい貨幣の持つ金価値。〔現代新語辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android