コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧新シナゴーグ キュウシンシナゴーグ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐しんシナゴーグ〔キウ‐〕【旧新シナゴーグ】

Staronová synagoga》チェコの首都プラハの中心部、旧市街のユダヤ人地区(ヨゼホフ)にあるシナゴーグ。1270年に建造。現在も使われているシナゴーグの中ではヨーロッパ最古とされる。元は新シナゴーグと呼ばれていたが、16世紀に新たなシナゴーグが建てられたため、現名称になった。1992年、「プラハ歴史地区」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

旧新シナゴーグの関連キーワードピンカスシナゴーグ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android