コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明州 めいしゅう

百科事典マイペディアの解説

明州【めいしゅう】

中国,寧波(ニンポー)の古名。唐宋代にこの名で呼ばれた。
→関連項目市舶司

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の明州の言及

【寧波】より

…杭州湾の南岸東端,天台山に源をもつ甬江(ようこう)の下流平野にある。唐代に市の南西にある四明山にちなんで明州と呼ばれてより,その名で知られる。杭州湾南岸平野は,温暖な気候と豊かな土壌に恵まれ早くから稲作農耕が発達し,市の西,余姚(よよう)県にある河姆渡(かぼと)遺跡は中国南部で最も早い新石器時代遺跡として著名。…

※「明州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

明州の関連キーワード無準師範(ぶじゅんしはん)寧波(ニンポー)鎮海(中国)寂照(寂昭)富岡 鉄斎明極楚俊竺仙梵僊請来目録日宋貿易黙庵霊淵日元貿易東明慧日天童如浄富岡鉄斎無学祖元史弥遠周邦彦四明山湖州鏡伊行末

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android