寧波(読み)ニンポー

百科事典マイペディアの解説

寧波【ニンポー】

中国,浙江省東部,杭州湾口南部の都市。略称甬(よう)。甬江の下流にあり,唐代以来対外通商港となり,特に日本との交易の要地で,勘合貿易船の来航地であった。1842年南京条約により開港。また寧紹平野・舟山群島の物産を集散し,茶・綿・魚類の取引が多い。周辺一帯は商才にたけた寧波商人の出身地で,阿育王山天童山など仏教の遺跡も多い。対外開放港の一つ。226万人(2014)。
→関連項目明州

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

寧波

宮崎県串間市で生産されるキンカン。甘みが強く香りがよく、酸味は少なめ。1940年代~50年代にかけて県農業試験場が苗木を配布して生産が拡大。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニンポー【寧波 Níng bō】

中国,浙江省東部にある省直轄市。人口182万(1994)。杭州湾の南岸東端,天台山に源をもつ甬江(ようこう)の下流平野にある。唐代に市の南西にある四明山にちなんで明州と呼ばれてより,その名で知られる。杭州湾南岸平野は,温暖な気候と豊かな土壌に恵まれ早くから稲作農耕が発達し,市の西,余姚(よよう)県にある河姆渡(かぼと)遺跡は中国南部で最も早い新石器時代遺跡として著名。春秋時代には会稽(紹興)に中心のあった越の後背地であり,秦・漢には句章(こうしよう)県,鄞(きん)県,鄮(ぼう)県等が置かれ会稽郡に属した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ニンポー【寧波】

中国、浙江省の、東シナ海に注ぐ甬江ようこうの下流に臨む河港都市。遣唐使船や室町幕府の勘合船が寄港するなど、古くから対日貿易港として栄えた。ねいは。

ねいは【寧波】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ニンポー【寧波】

ねいは【寧波】

中国、浙江省北東部の都市。甬江と余姚江の合流点にある。隋・唐代からわが国や朝鮮との連絡港で、遣隋使遣唐使勘合船などの入港地。上海の発展によって衰えたが、解放後国際貿易港となる。浙江商人の本拠。ニンポー。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寧波の言及

【余姚】より

…秦代に県が設けられ,漢以後も一時期を除いてほとんど変化はない。当初は会稽(かいけい)郡に属し,唐・五代は越州(紹興),宋以降は紹興府に属したが,今は寧波(ニンポー)地区に属す。地名は姚を姓とするの一族がここに封ぜられたためという。…

※「寧波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寧波の関連情報