コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明良洪範 めいりょうこうはん

世界大百科事典 第2版の解説

めいりょうこうはん【明良洪範】

江戸中期成立の逸話・見聞集。16世紀後半から18世紀初頭までの徳川氏,諸大名その他の武士の言行,事跡等720余項目を集録する。江戸千駄ヶ谷聖輪寺の住持増誉(?‐1707,俗姓真田)の著。25巻,続編15巻。成立年不詳。1912年に国書刊行会より公刊されている(1冊)。【宮崎 勝美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

明良洪範の関連キーワード平塚為広の娘大野治長勝子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android