星の入東風(読み)ほしのいりこち

百科事典マイペディアの解説

星の入東風【ほしのいりこち】

旧暦10月ごろ吹く北東風。ここでいう星はすばる(プレヤデス星団)のこと。明け方すばるが西天に没するころ吹く風。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の星の入東風の言及

【風】より

…このころ寒気がぶり返し,比良山地から琵琶湖西岸へ吹き降りる強風を〈比良の八講荒れ〉〈比良八荒(ひらはつこう)〉などという。 星の入東風(ほしのいりこち)陰暦10月ころ吹く初冬の北東風。星は〈すばる〉のことで,冬の夜空に〈すばる〉がよく見える季節になると天候が変わりやすくなる。…

※「星の入東風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android