春まき(播)性(読み)はるまきせい

百科事典マイペディア「春まき(播)性」の解説

春まき(播)性【はるまきせい】

ムギ類,ナタネなどで,春まいて,低温期を経ずに出穂,開花する性質。これに対しこれら作物の品種で秋にまき,幼植物時代のある期間に低温に遭遇しないと出穂,開花しない性質を秋まき性という。これら性質の程度には品種間差異があり,ムギでは秋まき性程度と呼び7階級に分けている。一般に寒冷地には春まき性品種が適する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android