コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

程度 テイド

デジタル大辞泉の解説

てい‐ど【程度】

物事の性質や価値を相対的にみたときの、その物事の置かれる位置。他の物事と比べた際の、高低・強弱・大小・多少・優劣などの度合い。ほどあい。「文化の程度が高い」「傷の程度は大したことない」「程度の差はあれ、誰もが損をした」
許容される限度。適当と考えられる度合い。ほどあい。「大きいにも程度がある」「いたずらといっても程度を超えている」
他の語の下に付き、それにちょうど見合った度合い、それくらいの度合いの、の意を表す。「高校程度の学力」「二時間程度の遅れ」「申しわけ程度の金額」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていど【程度】

他の物と比べたときの高低・強弱・多少・優劣などの度合。ほどあい。 「生活の-が上がる」 「補償額は破損の-による」
上に基準などを示す語を伴って、物事の段階がほぼそのあたりであることを表す。 「焦げない-に焼く」 「一時間-見ておけば十分だ」
ちょうど適当と考えられる度合。 「いくら人がいいといっても-がある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

程度の関連キーワードmiddleサブノート・パソコンビタミンA状態ホワイトゼノア高が知れているズームレンズMPEGコンパクト星鉄道の混雑率ナノマシン髭の生えた中鎖脂肪酸望遠レンズ労作強度水力発電発電原価高卒認定程度問題栄養状態大きさ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

程度の関連情報