程度(読み)テイド

デジタル大辞泉「程度」の解説

てい‐ど【程度】

物事の性質や価値を相対的にみたときの、その物事の置かれる位置。他の物事と比べた際の、高低・強弱・大小・多少・優劣などの度合い。ほどあい。「文化の程度が高い」「傷の程度は大したことない」「程度の差はあれ、誰もが損をした」
許容される限度。適当と考えられる度合い。ほどあい。「大きいにも程度がある」「いたずらといっても程度を超えている」
他の語の下に付き、それにちょうど見合った度合い、それくらいの度合いの、の意を表す。「高校程度の学力」「二時間程度の遅れ」「申しわけ程度の金額」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「程度」の解説

てい‐ど【程度】

〘名〙 物事のほどあい。他の同種の物とくらべた時の、その物の性質やねうちなどの度合。また、適当と考えられる度合。「程度をわきまえる」
※舎密開宗(1837‐47)内「凡金属の諸酸に溶解するは各自酸化の程度有り」
侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉つれづれ草「中学程度の教科書に便利であることは認めるにもしろ」 〔韓愈‐答崔立之書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android