程度(読み)テイド

デジタル大辞泉の解説

てい‐ど【程度】

物事の性質や価値を相対的にみたときの、その物事の置かれる位置。他の物事と比べた際の、高低・強弱・大小・多少・優劣などの度合い。ほどあい。「文化の程度が高い」「傷の程度は大したことない」「程度の差はあれ、誰もが損をした」
許容される限度。適当と考えられる度合い。ほどあい。「大きいにも程度がある」「いたずらといっても程度を超えている」
他の語の下に付き、それにちょうど見合った度合い、それくらいの度合いの、の意を表す。「高校程度の学力」「二時間程度の遅れ」「申しわけ程度の金額」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていど【程度】

他の物と比べたときの高低・強弱・多少・優劣などの度合。ほどあい。 「生活の-が上がる」 「補償額は破損の-による」
上に基準などを示す語を伴って、物事の段階がほぼそのあたりであることを表す。 「焦げない-に焼く」 「一時間-見ておけば十分だ」
ちょうど適当と考えられる度合。 「いくら人がいいといっても-がある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

程度の関連情報