コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有り限り アリキリ

デジタル大辞泉の解説

あり‐きり【有り限り】

《「ありぎり」とも》
あるもの全部。あるだけ。ありったけ。ありっきり。副詞的にも用いる。「品物を有り限り買い占める」
ある範囲内。
「この―に五人口を過ぎよ」〈浮・永代蔵・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android