品物(読み)ひんぶつ

精選版 日本国語大辞典 「品物」の意味・読み・例文・類語

ひん‐ぶつ【品物】

〘名〙
天地に存するすべての物。万物
※随得集(1388頃)春日漫興「品物競春光。興饒詩聚糧」 〔易経‐乾卦〕
物品。品。しなもの。
滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)七「名産奇製の品物(ヒンブツ)、あまたある都に」

しな‐もの【品物】

〘名〙 物品。しな。
史記抄(1477)九「春は品物は少し文詞は多と云心ぞ」
安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「何さ店で小売にさせりゃア百円(いっぽん)ぐらいはもうかる品物(シナモノ)だけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「品物」の意味・読み・例文・類語

しな‐もの【品物】

人が使ったり食べたりするためのもの。しな。物品。「金ではなく品物を贈る」「値段高い品物はよい」
[類語]物品金品代物製品

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「品物」の読み・字形・画数・意味

【品物】ひんぶつ

万物。〔易、乾、彖伝〕大なる哉(かな)乾元(と)りて始む。乃ち天を統ぶ。雲行き雨施し、品物形を(し)く。

字通「品」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android