品物(読み)ひんぶつ

精選版 日本国語大辞典「品物」の解説

ひん‐ぶつ【品物】

〘名〙
① 天地に存するすべての物。万物
※随得集(1388頃)春日漫興「品物競春光。興饒詩聚糧」 〔易経‐卦〕
物品。品。しなもの。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)七「名産奇製の品物(ヒンブツ)、あまたある都に」

しな‐もの【品物】

〘名〙 物品。しな。
※史記抄(1477)九「春は品物は少して文詞は多と云心ぞ」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「何さ店で小売にさせりゃア百円(いっぽん)ぐらいはもうかる品物(シナモノ)だけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「品物」の解説

しな‐もの【品物】

人が使ったり食べたりするためのもの。しな。物品。「金ではなく品物を贈る」「値段は高いが品物はよい」
[類語]物品金品代物製品

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「品物」の解説

【品物】ひんぶつ

万物。〔易、乾、彖伝なる哉(かな)乾元(と)りて始む。乃ち天を統ぶ。雲行き雨施し、品物形を(し)く。

字通「品」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android