有馬胤滋(読み)ありま たねしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬胤滋 ありま-たねしげ

?-? 江戸時代後期の治水家。
文政8年(1825)より4年間,讃岐(さぬき)寒川郡富田村(香川県大川町)の治水工事につくした。安政年間に軒原庄蔵が工事をひきつぎ,3年かけて完了した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android