コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末梢神経障害の原因による分類 まっしょうしんけいしょうがいのげんいんによるぶんるい

家庭医学館の解説

まっしょうしんけいしょうがいのげんいんによるぶんるい【末梢神経障害の原因による分類】

捕捉性(ほそくせい)ニューロパチー(末梢神経障害(ニューロパチー)の「捕捉性ニューロパチー(機械的神経障害)」)
代謝性(たいしゃせい)ニューロパチー(末梢神経障害(ニューロパチーの「代謝性ニューロパチー」)
感染性(かんせんせい)ニューロパチー(末梢神経障害(ニューロパチー)の「感染性ニューロパチー」)
感染後性(かんせんごせい)ニューロパチー(末梢神経障害(ニューロパチー)の「感染後性ニューロパチー(ギラン・バレー症候群)」)
血管炎性(けっかんえんせい)ニューロパチー(末梢神経障害(ニューロパチー)の「血管炎性ニューロパチー」)
中毒性(ちゅうどくせい)ニューロパチー(梢神経障害(ニューロパチー)の「中毒性ニューロパチー」)
悪性腫瘍(あくせいしゅよう)にともなうニューロパチー(末梢神経障害(ニューロパチー)の「悪性腫瘍にともなうニューロパチー」)
遺伝性(いでんせい)ニューロパチー(末梢神経障害(ニューロパチー)の「遺伝性ニューロパチー」)

出典|小学館家庭医学館について | 情報

末梢神経障害の原因による分類の関連キーワード末梢神経障害(ニューロパチー)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android