コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末梢神経障害 まっしょうしんけいしょうがいneuropathy

翻訳|neuropathy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末梢神経障害
まっしょうしんけいしょうがい
neuropathy

末梢神経系の損傷によって起る疾患。症状としては末梢神経の支配する筋の麻痺,知覚障害,自律神経症状 (発汗障害,血圧調節障害など) のいずれか,またはその組合せがある (→神経炎 ) 。障害の様式,およびその発生システムはさまざまであり,原因疾患がはっきりしているものに対しては原因疾患を治療する。しびれや痛みに対しては抗けいれん剤やビタミン剤を服用する。また機能の回復にはリハビリテーションを行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まっしょうしんけい‐しょうがい〔マツセウシンケイシヤウガイ〕【末×梢神経障害】

ニューロパチー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の末梢神経障害の言及

【神経炎】より

…狭義には神経の炎症であるが,実際上神経障害の原因は必ずしも明らかでないため,原因にかかわらず末梢神経障害neuropathyと同義に用いられることが多い。神経炎は,(1)単神経炎(単一の末梢神経の障害),(2)多発性単神経炎(2本以上の神経の障害),(3)多発神経炎(左右対称性で四肢末梢優位の症状を呈する,多数の神経のびまん性の障害)に分類される。…

※「末梢神経障害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

末梢神経障害の関連キーワード脳、神経のはたらきの衰えと症状、疾患家族性アミロイド・ポリニューロパシー遠位性ミオパチー(末梢性ミオパチー)末梢神経障害(ニューロパチー)末梢神経障害の原因による分類脳、脊髄、神経系の主要な症状老化にともなう泌尿器の病気チャーグ・ストラウス症候群アルドース還元酵素阻害剤アミロイドニューロパチービタミンB6欠乏症候群全身性エリテマトーデス急速進行性腎炎症候群クロウ・フカセ症候群神経痛と末梢神経障害ウェゲナー肉芽腫症感染性多発性神経炎ビタミンB12欠乏フェルティ症候群神経絞扼症候群

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末梢神経障害の関連情報