コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杏仁状熔岩 きょうにんじょうようがん

1件 の用語解説(杏仁状熔岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

杏仁状熔岩

amygdaloide, Amygdalite, Amygdalophyre: 杏仁(amygdale)とはギリシャ語アーモンドの意味.アミグダルとは火成岩中のガスによる空洞が後のマグマ作用によって鉱物で満たされたものをいう.このようなアミグダルをもつ岩石は玄武岩に多く,一括してamygdaloideとかamygdaliteと呼ばれている.アミグダルをもつ斑状岩をamygdalophyreといい,かつてはしばしば用いられた名称である.しかしこれらの名称は組織のみに注目したもので独立した岩石名としては不適当であり,現在は使われていない.
mandelstein: 古いドイツの岩石名で,杏仁状(amygdaloidal)火山岩の総称[Werner : 1787].ドイツ語Mandelはアーモンド(almond)の意味.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone