コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杏仁状熔岩 きょうにんじょうようがん

1件 の用語解説(杏仁状熔岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

杏仁状熔岩

amygdaloide, Amygdalite, Amygdalophyre: 杏仁(amygdale)とはギリシャ語アーモンドの意味.アミグダルとは火成岩中のガスによる空洞が後のマグマ作用によって鉱物で満たされたものをいう.このようなアミグダルをもつ岩石は玄武岩に多く,一括してamygdaloideとかamygdaliteと呼ばれている.アミグダルをもつ斑状岩をamygdalophyreといい,かつてはしばしば用いられた名称である.しかしこれらの名称は組織のみに注目したもので独立した岩石名としては不適当であり,現在は使われていない.
mandelstein: 古いドイツの岩石名で,杏仁状(amygdaloidal)火山岩の総称[Werner : 1787].ドイツ語Mandelはアーモンド(almond)の意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杏仁状熔岩の関連キーワード表土沼沢土ドロルタイト海綿岩エクゼム流理組織微文象組織玻璃玄武岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone