コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空洞 くうどうcavity

翻訳|cavity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空洞
くうどう
cavity

炎症や組織壊死によって変性した組織が体外に排除,あるいは吸収されたのちにできる空間。肺結核乾酪壊死巣が軟化してできる空洞がよく知られている。この肺の空洞は,喀出される内容物に混る結核菌によって,他に広がったり感染したりする禍根となるので重視される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くう‐どう【空洞】

ほらあな。洞穴。また、内部がうつろになっていること。また、その部分。「幹が空洞になった老木」
形式だけで内容のないことのたとえ。「法案の空洞化をはかる」
肺・腎臓などの内部に壊死(えし)が起こり、それが排出または吸収されたあとにできる空間。肺結核のときにできるものなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くうどう【空洞】

充実性臓器(肺,肝臓,腎臓,脳など)の内部に病変が生じ,その中心部が崩壊して中空となった病巣をいう。通常,中空となるには,崩壊した中心部の物質が吸収されるか外界へ放出されねばならない。したがって気道を通して外界と交通のある肺の病変で最も多く認められるもので,主として肺疾患のときに好んで用いられる言葉である。最も多い疾患は肺結核に際して生じる結核性空洞cavity tuberculousで,中心の乾酪壊死物質は一部は吸収されるが,大部分は気道を通じて咳や痰とともに放出されて中空をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くうどう【空洞】

洞窟。ほらあな。
物の中に何もなく、からっぽなこと。また、その穴。 「幹が-になっている大木」
〘医〙 壊死えしなどでくずれた体の組織が排出されたり吸収されたりした跡にできた臓器内の空間。とくに、肺結核による肺の空所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

空洞の関連情報