杜松実(読み)としょうじつ

大辞林 第三版の解説

としょうじつ【杜松実】

ネズ(杜松)の果実。生薬として利尿・鎮咳などに、また、ヨーロッパ産のものは、ジンの香り付けにも用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる