杜松実(読み)としょうじつ

大辞林 第三版の解説

としょうじつ【杜松実】

ネズ(杜松)の果実。生薬として利尿・鎮咳などに、また、ヨーロッパ産のものは、ジンの香り付けにも用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android