コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜松(読み)トショウ

デジタル大辞泉の解説

と‐しょう【×杜松】

植物ネズ漢名

ねず【杜松】

ヒノキ科の常緑樹山地の日当たりのよい斜面に生え、高さ約15メートルになる。樹皮は灰色がかった赤褐色で、葉は針状に堅くとがり、3枚ずつつく。雌雄異株で、4月ごろ雄花や雌花がつく。実は球形で熟すと黒紫色になる。庭木盆栽にする。むろのき。ねずみさし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

としょう【杜松】

植物ネズの漢名。

ねず【杜松】

ヒノキ科の常緑小高木。山地に自生。よく分枝し、老木では小枝が垂れ下がる。葉は針形で質が硬い。雌雄異株。果実は肉質球形で、秋、紫黒色に熟し、杜松実としようじつの名で薬用にする。ネズミサシ。ムロ。ムロノキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

杜松 (ネズ・トショウ)

学名:Juniperus rigida
植物。ヒノキ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android