コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜松 トショウ

デジタル大辞泉の解説

と‐しょう【×杜松】

植物ネズ漢名

ねず【杜松】

ヒノキ科の常緑樹山地の日当たりのよい斜面に生え、高さ約15メートルになる。樹皮は灰色がかった赤褐色で、葉は針状に堅くとがり、3枚ずつつく。雌雄異株で、4月ごろ雄花や雌花がつく。実は球形で熟すと黒紫色になる。庭木盆栽にする。むろのき。ねずみさし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

としょう【杜松】

植物ネズの漢名。

ねず【杜松】

ヒノキ科の常緑小高木。山地に自生。よく分枝し、老木では小枝が垂れ下がる。葉は針形で質が硬い。雌雄異株。果実は肉質球形で、秋、紫黒色に熟し、杜松実としようじつの名で薬用にする。ネズミサシ。ムロ。ムロノキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

杜松 (ネズ・トショウ)

学名:Juniperus rigida
植物。ヒノキ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

杜松の関連キーワードセイヨウネズシャリ・ジン牟呂乃岐天木香樹牟漏能木青木村杜松実水吸い回香樹室乃樹檜杜杉榁木檉樫針形室木ジン檜柏姫榁檜檉松楊

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android