コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

束ね柱 たばねばしらclustered column

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

束ね柱
たばねばしら
clustered column

建築用語。西洋建築,特にゴシックの聖堂建築において太い円柱の回りに細い柱をたくさん束ねた表現をみせるもの。垂直性を強調する上で効果がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たばねばしら【束ね柱】

何本もの小円柱を束ねたような太い柱。中世ゴシック建築に用いられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

束ね柱の関連キーワードノートル・ダム大聖堂[パリ]イギリス・ゴシック様式パピルス柱

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android